コーヒーが危機になっている現状とは?

COFFEE0I9A8946_TP_V.jpg


朝からコーヒーを飲むという方も多いと思います。
日本に限らず世界中でもコーヒーは愛されています。


お洒落なカフェから有名なチェーン店、さらには
個人経営のお店などありとあらゆる場所でコーヒー
を楽しむことができます。


しかしこのコーヒーの原料となるコーヒー豆に
危機が訪れていることは世界中の殆どの方達が
知らないでしょう。


Coffee crisis might affect you.


コーヒー豆が作られるのは赤道付近の国で特に
ブラジルなどの南米やベトナムなどの東南アジア
が有名です。


Grobally, over 21 million families make a living
from coffee.


世界中で2100万世帯もの家族がコーヒーによって
生計を立てています。


ものすごい数の家族がコーヒー豆を栽培したり加工
したりしているのですから驚きです。


コーヒーの危機とは?


Coffee prices fell to their lowest point in a decade
at $0.88 per pound.


コーヒーの価格がここ10年で一番安い価格(453gが95円)
となっているのです。


このままコーヒーの原料であるコーヒー豆の価格が
どんどん下落していけば農家は生計が立てられなくなります。


そして近い将来農家を廃業してしまう可能性があるのです。
そうなると世界のコーヒー豆の生産は激減してしまうでしょう。


これだけ毎日飲まれているコーヒーです。
コーヒー農家の人達にももっと還元できる仕組みを見直す
必要があるのではないでしょうか?




■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!

"コーヒーが危機になっている現状とは?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: