コーヒーが危機になっている現状とは?

COFFEE0I9A8946_TP_V.jpg


朝からコーヒーを飲むという方も多いと思います。
日本に限らず世界中でもコーヒーは愛されています。


お洒落なカフェから有名なチェーン店、さらには
個人経営のお店などありとあらゆる場所でコーヒー
を楽しむことができます。


しかしこのコーヒーの原料となるコーヒー豆に
危機が訪れていることは世界中の殆どの方達が
知らないでしょう。


Coffee crisis might affect you.


コーヒー豆が作られるのは赤道付近の国で特に
ブラジルなどの南米やベトナムなどの東南アジア
が有名です。


Grobally, over 21 million families make a living
from coffee.


世界中で2100万世帯もの家族がコーヒーによって
生計を立てています。


ものすごい数の家族がコーヒー豆を栽培したり加工
したりしているのですから驚きです。


コーヒーの危機とは?


Coffee prices fell to their lowest point in a decade
at $0.88 per pound.


コーヒーの価格がここ10年で一番安い価格(453gが95円)
となっているのです。


このままコーヒーの原料であるコーヒー豆の価格が
どんどん下落していけば農家は生計が立てられなくなります。


そして近い将来農家を廃業してしまう可能性があるのです。
そうなると世界のコーヒー豆の生産は激減してしまうでしょう。


これだけ毎日飲まれているコーヒーです。
コーヒー農家の人達にももっと還元できる仕組みを見直す
必要があるのではないでしょうか?




■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!

posted by yam at 08:00Comment(0)Food

衝撃のあさり現れる。

togitsuFTHG0694_TP_V1.jpg


潮干狩りで有名な「あさり」ですが、
全国各地で漁獲量が減っています。


海水の温度であったり、乱獲であったり、
環境の変化であったり様々な要因が考えられます。


漁獲量が減ったことが原因で潮干狩りを中止
している海岸もあります。


しかし、漁獲量が減っているものの「あさり」
そのものの流通価格はここ数十年大きな変動は
ありません。


漁獲量が減っているのに、流通量が変わらないと
いうのはなんだかおかしな話がします。


これにはからくりがあります。


それは熊本で中国から仕入れた大量の安い「あさり」
を日本の海に数日間入れているのです。


このような手法を「畜養」というのですが、
日本の海に慣らすのが目的です。


なぜなら中国から「あさり」が送られてくる際は
半冷凍状態でくるからです。


そして日本の海で畜養されたメイドインチャイナの
「あさり」の原産地は日本の熊本に変わるのです。


あきらかに産地偽装になりかねない行為だと思われます。


このような闇業者が横行しているというのは驚きですが、
見て見ないふりをしている行政もひどいです。


一番の被害を受けているのは一般家庭の食卓です。
国産の「あさり」だと思って食べていたものが、
まさか中国産の「あさり」だったとは!?


あさり Short Neck Clam

国産  Domestic Production

産地偽装  Production Center Comouflage


■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


posted by yam at 08:00Comment(0)Food