英語を話せるようになる方法

目次 1.英語を話せる人2.英語を習得する目的3.英語を話せるようになる5つの方法4.英語はいつから始めるべきか?5.TOEICついて6.TOEFLについて7.まとめ 英語を話せる人 英語を話せる人は世界中で一体どれくらいの人がいるのでしょうか? 英語を使ってそうなイメージがあるのはアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどがありますが、全部足してもそんなに多くの人が英語を話してないのではと思われるかもしれません。 実は英語は世界中で使われていてその人数はなんと17憶人以上です!! 英語が片言でも話せるようになれば、世界中の多くの人とコミュニケーションを取ることができるようになりますね。 英語を習得する目的 英語をせっかく学習するのであれば「目的」があった方が断然良いと思います。 もちろん英語を習得する目的は人それぞれ違うと思います。 勉強/留学1. 英検〇級に合格したい。2. TOEICで〇〇点以上取りたい。3. TOEFLで〇〇点以上取りたい。4. 海外で語学留学したい。5. 海外の大学/大学院を卒業したい。 旅行1. 海外に旅行に行きたいけど英語ができないから不安。2. スムーズに海外を旅行したい。3. 旅行に行ってぼったくられたくない。 ビジネス1. TOEICの点数次第が昇進に関係がある。2. 社内で英語を積極的に取り入れている。3. 取引先/顧客が英語しか通じない。4. インバウンドで海外の観光客が増加し…

続きを読む

ボキャブラリの増加計画

日本語だったらいろんな言い方が分かるけど、英語になると途端に言葉が出てこないということは良くあることです。 また日本人の英語を使用する際に散見されるのが同じ言葉の繰り返しです。 知っている単語を使うことは良いことですが、同じ意味のある単語でも言い換えることによって文章がより洗練されていきます。 本日はSaidのボキャブラリを増加していきましょう。Saidはご存知との通り「言う」とか「言った」という意味があります。 さて「言う」とか「言った」という言葉で同じような意味を持つ単語がいくつ頭に浮かんできますか? Called Cried Responded Demanded Asked Stated Shouted Whispered Remarked Questioned Replied Exclaimed シチュエーションによって上記の単語をSaidに言い換えて使用することができるのです。 文章や会話などで何回も同じような単語を使うのは欧米では教養がないとみなされてしまいます。 同じ意味の単語でも様々なシチュエーションによって使い分けるとスマートの英語ができるようになりますよ。 ■お勧めの記事英語がとにかくできるようになりたい方へ

続きを読む

平成に起こった〇〇離れランキング

平成はあっという間に走り抜けてしまった感じがありますが、この時代が人々に与えた影響はとても大きいものがありました。 特に昭和では当たり前のようなものだったことが、平成では逆境の状態になっているものも多数あります。 今回は平成の〇〇離れをランキング形式でご紹介致します。 10. お酒 9. カラオケ 8. 結婚 7. ゲーム 6. 車 5. 恋愛 4. ゴルフ 3. ギャンブル 2. 新聞 1. たばこ 中には意外なものがランキングに入っていたような気がします。 たばこ、ギャンブル、お酒などは多少離れた方が良い場合もありますが、昭和に流行っていたものが平成で受け入れられなくなっていくのは寂しいものもランキングに入っています。 もうすぐ新しい元号の「令和」になりますが、「令和」になると今度は平成で受け入れられたものから〇〇離れが増加するかもしれません。 People don't smoke these days. たばこ離れ People are not interested in dating anymore. デート離れ Young People are watching less TV テレビ離れ ■お勧めの記事英語がとにかくできるようになりたい方へ

続きを読む