日本の多くの大企業が法人税を納めないからくり




株.png



日本は会社への税金が高いかといわれると
米国と同等に高いです。


法人税Corporate Taxは約30%前後であり、
国際競争力の面でみるともう少し下げてあげた方が
良いのではないかという声もあります。


1980年代に法人税は40%以上だったので
令和の今は法人税の税率は下落しています。


(1989年までは消費税がありませんでしたからね。)


ソフトバンクが1兆円を超える利益をあげたことが
話題になりましたが、さぞかし収めた法人税の金額
は多かったことお察しします。


しかし、意外なことにソフトバンクが収めた法人税は
0円です!!


0円とい信じられない金額。
衝撃が走りますね。


これには法人税を納めずに済むからくりが存在する
ことを忘れてはなりません。


そしてソフトバンクに限らず多くの企業が法人税を
なるべく納めないように努めていることを知る必要
があります。


会社や法人ばかり優遇されてずるいです。


【からくり1】


役員や幹部クラスに報酬をたくさんあげる。


日産のゴーン社長も報酬額は高かったですが、
あれは法人税を減額する手法の一つです。


法人税は利益が出ている会社から徴収するものです
ので、会社の利益をできるだけ0にするのです。


【からくり2】


欠損金を利用する。
正確には欠損金の繰越控除制度を活用するという
ことです。


簡単に説明しますと、過去に赤字を出した場合
翌年以降に利益が出た場合利益と欠損金(赤字)を
相殺できるのです。


赤字を利益でチャラにできるとはなんとも素晴らしい
制度です。


この制度を利用して繰り越しできる期間は10年間
とかなり長めの期間が設定されています。


企業や法人がお金が余ったらどうしようか?と考えた
時に役員や幹部の報酬UPする方法と海外などに巨額
投資を行い欠損金(赤字)を出すという方法が取られて
いる訳です。


単純に役員の報酬が高すぎるとか、赤字出ているけど
大丈夫?という場合にも考え抜かれた戦略が隠れている
ことをお忘れなく。


それにしても個人から税金取りすぎるから、
法人からももっと税金徴収してくれないと割にあいません。


消費税  Consumption Tax

欠損金  Deficit

赤字 Red

税金対策 Tax Reduction Strategy


■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


posted by yam at 08:00Comment(0)Finance

海外でクレジットカードを使う時に躊躇してしまいそう

GREEN_kureka_TP_V.jpg


日本のようにこれだけ現金が信用されている国はとても
珍しいと思います。


何カ国か海外の国々を訪問しましたが、
どの国もクレジットカードがとても使いやすい印象が
あります。


もちろんチップが習慣の国は現金があった方が便利だと
思いますが、チップすらカードでお支払いということも
できるお店やサービスも増えています。


クレジットカードはJCBももちろん使えるところは
ありますが個人的にはVISAが便利だと思います。


もちろんMaster CardやAmerican Expressなどもあると
便利です。


ただVISAだけでもお会計で困ったことはありません。


クレジットカードが使えるかどうかを判断するには
店頭のクレジットカードのマークを参照される方も
多いと思います。


不親切にもそのようなマークを目視できなかった場合
に使える英語のフレーズがあります。


Do you take credit cards?

「クレジットカードが使えますか?」


Can you take credit cards?


これも殆ど同じような意味で使用できますが、
疑問が残ります。


それはなぜtakeが入るのかという事です。


なんだかニュアンス的にクレジットカードが
持っていかれてしまいそうな気がします。


このtakeは他の単語に言い換えると
acceptという単語になります。


Acceptはご存知の通り「受諾する・受理する」と
いう意味になります。


このフレーズは定型文であって本当にクレジット
カードが持っていかれる心配はありません。


むしろ現金での支払いよりもクレジットカード
支払った方がトラブルも少ないような気がします。





■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


posted by yam at 08:00Comment(0)Finance

とても便利なHowの使い方

PAKU151219070I9A0922_TP_V.jpg



英語で相手に質問する際に非常に役に経つのが
Howを用いた疑問文です。


このHowを上手く使うことが出来れば
英語を使ったコミュニケーションが円滑になります。


How are you?

お元気ですか?


1日に何度も使うフレーズですよね。


How old are you?

おいくつ(何歳)ですか?


相手の年齢を聞く際には重宝するフレーズです。


How about you?

あなたはどうですか?


相手に同じ質問を聞き返したりする時に使えます。


How tall are you?

身長はどれくらいありますか?


How heavy are you?

体重はどれくらいありますか?


How close are you?

どれくらい親密ですか?
(距離感を確かめるときなどに使えます。)


How pregnant are you?

妊娠してどれくらいの期間ですか?


わたしの好きなHowのフレーズはもちろん

How much is it?

いくらですか?


複数あれば下のフレーズも使えます。

How much are these?

これらはいくらですか?


お店に行くと大概値札がが付いているので
このフレーズは使わないかもしれませんが。




■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


posted by yam at 08:00Comment(0)Finance

トランプ大統領の進退で株価に影響!?

PPW_amerikakokkinokazaguruma_TP_V.jpg


Trump Warns of Epic Stock Market Crash If 
He's Not Re-Elected.


米国の大統領がトランプ大統領となり、
株価はかなり高い水準を保っています。


中国との貿易戦争、
イランとの核合意の問題など株価を脅かす
様々な国際問題があることも事実です。


トランプ大統領は自分が再選されなかった場合
株価が暴落するであろうとツイートしています。


”The Trump Economy is setting records, and has a long way up to go....
However, if anyone but me takes over in 2020
(I know the competition very well), there will be a Market Crash the likes
of which has not been seen before! KEEP AMERICA GREAT”


 米国内でのトランプ大統領を評価する声も高く、
支持率も46%程の水準にきています。


このまま米国の経済が改善されていくようであれば、
トランプ大統領の再選は十分考えられます。


よってトランプ大領領が落選することによって
起こる株価の大暴落の心配は今のところ大きな懸念事項
にはならないかもしれません。


ただ、もし落選することになり株価がどれくらい
大暴落するのか気になるところでもあります。





■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


posted by yam at 08:00Comment(0)Finance

貯金2000万円にはるか及ばす

UNI16040516IMG_0017_TP_V.jpg


ニュースで「年金」の他に2000万円は貯蓄が
必要だということが話題になっています。


今すでに年金を受給している方はともかく、
これから将来に年金を受給するひとの受給額は
目減りしていくことでしょう。


そもそも貯蓄が2000満万円もあるひとが
どれくらいいるのか浮き彫りになってきました。


今年還暦を迎えた人たちの貯蓄額を調査したところ、
4人に1人は貯蓄額が100万円もないことが
わかりました。


貯蓄額が2000万円にはるか及ばないということです。


貯蓄額が2000万円というのは夫婦で95歳まで
生きた場合のケースです


当然のことのながら医療が進歩しても現在の若者が
95歳まで長生きするとは思えません。


ただし、生きていく為にはお金がどうしても必要に
なります。


政府や年金制度のだけに頼るのはよくありません。
もちろん政府が年金制度について考える必要は
ありますが。


1人1人が将来への備えをする必要があることが
よく理解できたニュースと言えます。


貯蓄だけでなく資産運用は若い時から始めた方が
良いのです。


先延ばしにしてしまうと後で後悔することになります。


年金制度 Pension Plan

貯蓄額  Amount of savings

還暦  Sixtieth birthday



■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


posted by yam at 19:15Comment(0)Finance

日本人の将来は想定外!?

PAK86_aoiroshinkokusyorui20140312_TP_V.jpg

日本人の将来に不安を感じる方も多いと思いますが、
想定外のことがいくつもあります。


1. 想定外の高齢化


日本人の平均寿命は世界の中でもトップクラスに
高いのですが、年金のシステムが現在のものと
かみ合っていません。


これは日本に限らず他の国でも言えることですが、
平均寿命が伸びすぎて、年金受給の期間が長くなり
すぎてしまっています。


受給開始時期を遅らせるなど苦肉の策を取られて
いますが、年金システムが破綻するのも時間の問題
でしょう。


そんな時、頼れるのは年金ではなく資産です。
若い内から資産をこつこつと築いていく必要があります。


2. 想定外の資金


老後には多くの資金が必要です。
年金を受給していても足りないくらいです。


今後年金受給額が更に低くなることも想定されますので、
資金がショートするのは間違いありません。


そこで役に立つのは資産運用です。
日本では貯金が主になっていて、資産運用をされている
割合は欧州・米国などと比べてはるかに低いです。


この貯金だけというのは非常に危険な状態です。
資金がショートする時間があっというまにきてしまいます。


一方で資産運用している場合は貯金のみの人と比べて
資産が増えていますのでお金の余裕があります。


貯金だけでは大した金額はたまらないかもしれません。
1000万でも5000万でも貯蓄できればいいほうです。


しかし貯金だけではまったく物足りません。
資産運用をしてもっとお金の余裕を持つべきではないでしょうか。



資産運用  Asset management

貯金  Saving

老後  Old age



■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


posted by yam at 08:00Comment(0)Finance