なぜ米国は中間選挙をするのか?

PPW_amerikakokkinokazaguruma_TP_V.jpg



Question


なぜ米国は中間選挙をするのか?


11月7日、米国では中間選挙The Midterm Election
が行われました。


上院では共和党The Republican Partyが過半数を取り、
下院では民主党The Democartic Partyが過半数を取りました。


In the United States Congress, the Senate and the House of Reperesentatives
米国の国会の上院と下院 


下院が過半数を取ったにも関わらず、
トランプ大統領は「大成功」と述べています。


当然下院が過半数を取ったので、
法案などは通りにくくなります。


トランプ大統領にとっては議会で
もっと積極的に与党と野党で意見が良いあえることが
プラスと考えているのかもしれません。


なぜこの時期に中間選挙を行うのでしょうか?


Answer


中間選挙は大統領の任期が4年なので、
そのちょうど中間である2年目に行われます。


この中間選挙は米大統領にとっては、
これまでの2年間の評価Evaluationとなります。


正直なところ今回の中間選挙としては、
トランプ大統領にとって評価はいまいちと言ったところです。


しかしながら下院が優勢と述べられていたにも関わらず
接戦にもちこんだことで自信にも繋がっているかもしれません。


アメリカの選挙は火曜日Tusedayです。


日本では通常日曜日が多いのでが、
米国はなぜ火曜日に選挙を行うのでしょうか?


それは現在のように飛行機や電車、車などの交通機関が
整備されていなかった時代に歩いてもしくは馬車で投票場まで
選挙に行ったなごりです。


日曜日はアメリカ人は教会に行きます。
安息日The Sabbath Dayには選挙を行いません。


火曜日に選挙をするのは珍しいですが、
アメリカの歴史と宗教が関係しているのです。



■重要な単語
The Midterm Election 中間選挙

The Senate 上院

The House of Representatives 下院







大きなイベントと経済効果

N114_amekabocya_TP_V.jpg

Question

What is the big event next?

次の大きなイベントは何ですか?



秋も深まり過ごしやすくなってきました。
行楽シーズンということもあり活発にお出かけする
方も多いと思います。



これからの季節はイベントが多いので
楽しみですね!!





Answer

Halloween

Christmas

New Year


ハロウィンが10月31日

クリスマスが12月25日

新年が1月1日と続きます。


経済効果はハロウィンが1200憶円以上

クリスマスは6500憶円以上です。

実はバレンタインの1000憶円をハロウィンは追い越し
経済効果にも注目が集まります。


日本でなぜか注目されないThanksgiving Day


11月の第四木曜日は感謝の日なんですが、
日本では全く注目されません。


実は感謝の日は多くのお店でバーゲンを行い
とってもお買い得になります。


この日にすべてのクリスマスプレゼントを用意する
方も多いので、実はアメリカでは一番経済効果の
高い日なのかもしれません。


ちなみに「経済効果」はEconomic Effectと言います。

Economic Impactは「経済的影響」です。