どたばた関税誰の為?

米トランプ大統領が中国からの輸入関税を25%引き上げるという表明をしました。 当然のことながら関税が引き上げられることによる影響は計り知れません。 米政府は関税を引き上げることにより中国との貿易摩擦を減らそうという意向があると思いますが、実際のところ中国の対米貿易黒字は増加する一方です。 はっきり言って米国が優位に立っているかのように見せているだけの感じがします。 関税により米政府は追加で税収を得ることができますが、実際に税金を納めているのはアメリカ人の消費者です。 トランプ政権にとってこれらの一般アメリカ国民から不満が噴出してしまうのではないでしょうか。 そしてこの不毛などたばた関税はいつ終焉をむかえるのでしょうか? この関税によって株式市場にも大きな影響を与えています。世界的に経済が後退しないか心配になってしまいます。 関税 Tariff 税収  Tax revenue  歳入  Revenue ■お勧めの記事英語がとにかくできるようになりたい方へ

続きを読む

首都移転計画のメリットは?

インドネシアが首都をジャカルタから移転することが決まりました。 大きな都市の首都が移転するとなるとかなり大変なのではと容易に想像ができます。 移転理由は次の2点です。 過密状態 地盤沈下 どちらも一筋縄ではいかないような問題になります。 まだインドネシアでは首都の移転先が決まっていないようですが近々発表されることでしょう。 日本の首都は移動しないのか? 日本の首都東京も世界的にみても過密状態です。 地震、噴火、台風など迫りくる災害の危険もあります。 日本の首都機能を安全な場所に移すことも今後は必要になるときが来るかもしれません。 もちろん首都機能が移動となると引っ越しや、引っ越し先のインフラ整備など様々な特需を生み出すメリットはあります。 過密状態 Overcrowding 地盤沈下  Land Subsidence ■お勧めの記事英語がとにかくできるようになりたい方へ

続きを読む

日本の人手不足より深刻に

日本の労働人口いわゆる生産年齢人口が8年連続で低下しています。 生産年齢人口は15歳から64歳までの年齢の人達を指します。 全体に占める割合は59.7%となり最低の数値となっています。 この数値には外国人労働者の数も含まれており日本の人手不足がより深刻になっていることがデータとして浮き彫りになった形となっています。 このまま少子高齢化がますます進んでいくと将来的に非常に大きな懸念事項となります。 労働人口 Working Population 生産年齢人口  Working Age Population ■お勧めの記事英語がとにかくできるようになりたい方へ

続きを読む

空き家の放置には要注意

少子高齢化に歯止めがかからない日本の現状に人口減少も相まって空き家問題に拍車がかかってきています。 空き家はその名の通り誰も住んでいない家なのですが、持ち主がどこかに存在します。 「空き家」は英語でEmpty Houseと言います。 空き家が邪魔だからといって簡単に取り壊すことができません。 まずは空き家の保有者を探す必要があります。また空き家を取り壊すのにも多額の費用が必要になってきます。 空き家の保有者の高齢化が進む今、持ち主を特定するのはますます難しくなってしまいます。 そこで登場したのが「固定資産税」です。この税金はもともと存在していますが、空き家対策にとって切り札になりそうです。 それは人が「住んでいる家」の固定資産税と「空き家」の固定資産税が大きく金額が異なるというものです。 「空き家」の固定資産税は通常の6倍ほどの金額となります。これによって空き家を手放す人が増加しています。 また「空き家」の放置が減少するというメリットもあります。 空きを放置する To let empty houses alone 「空き家」が増加すると治安が悪くなってしまうという不安材料となりますので、今後も「空き家」対策は不可欠となります。 不可欠となる Essential 英語学習のお勧めツール 英語学習ツール特徴対象/目標/費用自宅でマンツーマン英会話!子ども英会話の【GLOBAL CROWN 入会金・教材費0円無料体験付き…

続きを読む

4月から値上がりする意外なもの

4月から心機一転して新しい環境で生活される方も多いと思います。 新生活特に引っ越しして新しい場所となるとコストもかかり大変な出費となる場合もあります。 「値上げ」は英語でPrice Increaseと言います。 新生活 New Life 新しい環境 New Environment  ふとスーパーやコンビニに買い物に行くとある以外なものが4月から値上がりしていることに気づかれる方もいらっしゃると思います。 もともと日本企業はこの過酷な経済環境の中においても企業努力でコスト削減をしていました。 しかし、「人手不足」と「物流コスト」の増大によりよく目にするような商品が値上がりしてしまいます。 人手不足 Manpower Shortage 物流コスト  Physical Distribution Cost 牛乳、ヨーグルトなどのの乳製品 小麦粉の高騰により小麦粉製品、麺製品 乳製品と小麦粉製品は種類が多いので外食産業や一般家庭にも大きな打撃となりそうです。 乳製品  Dairy Products   小麦粉製品  Wheat Flour Products 麺製品  Noodle Products 英語学習のお勧めツール 英語学習ツール特徴対象/目標/費用自宅でマンツーマン英会話!子ども英会話の【GLOBAL CROWN 入会金・教材費0円無料体験付き 「対話力」を始め「話す」「聞く」というスキルに重点を置いています…

続きを読む

日本を選ばない人々が続出で危機感

目次 1.日本で働くということ2.日本は選ばれない国に3.対策しなければ無理4.まとめ 日本で働くということ 日本人が日本で働く分には年齢制限やスキルなどもありますが比較的働きやすい環境にあると言えます。 外国人が日本で働くとなると簡単な事ではありません。言葉の壁や文化の違いなどもありますが、日本へ来日するためにはビザが必要になります。 本来であれば就労ビザの有無によって働けるかどうか決まる訳ですが、この就労ビザというのは不法滞在を恐れてそう簡単には発行して貰えないのが現状です。 日本で4月から始まる「技能制度」は日本の労働力が不足している現状を打破するために期待されている制度ですが、時代を逆行しているような制度とも言えます。 世界ではこれ以上移民や海外の就業者を増やしたくないという守りの姿勢が続いています。 日本はここへ来て外国人を大歓迎している様相を示しています。 前述したように日本で働くためには日本語をマスターする必要があります。 このハードルは非常に高いと言えます。 特に4月から始まる技能制度の3業種はとりわけ日本語のスキルが必要なものとなります。 ・介護・外食・宿泊 いづれの業種も日本時から敬遠されているような業種であり、休みが不定期になってしまったり、残業が多いようなイメージがあります。 また給料の面でも心配があります。 特に外国人の技能制度で来日される方は特に待遇面でも条件は厳しくなりそうです。 …

続きを読む