この夏気を付けるポイントは?

PAKU151219070I9A0922_TP_V.jpg


沖縄は早くも梅雨入りしましたが、
今週は日本各地で「夏日」が多くなる見込みです。


「夏日」とは最高気温が25度を超える日のことを
指します。


一方「真夏日」は最高気温が30度を超える日のこと
ですが、気温が高くなればそれだけ注意が必要です。


「夏日」と「真夏日」両方に言えることですが
夏になると気をつけなければならないポイントが
あります。


「日射病」は長時間強烈な太陽の光に当たり続ける
となる病気です。


基本的には帽子をかぶること、そして日陰や建物の
中に入ることにより予防ができます。


「熱射病」は屋内・屋外問わず高温の状態が続くと
なってしまう病気です。


こまめに休憩を取り水分を補給すると同時に塩分
も摂取することが大切です。


スポーツドリンクなどの摂取も効果的です。


梅雨のように曇りや雨の日が続く場合も温度管理には
十分注意してください。


温度管理と言えばオフィスや学校などで効きすぎる
エアコンも注意が必要です。


エアコンを常時使用していると暑さへの耐性が弱く
なってしまいます。


風邪を引きやすくなったり、日射病や熱射病にかかり
やすくなるという弊害もあります。


室温が極端にならないように、適切な温度を保つことが
必要になります。


また夏になると「紫外線」も気になる時期と言えます。


日射病の対策と同じように帽子をかぶったり、日中は
外出を避けたり、日傘を使うことも効果的です。


暑さや強烈な太陽光の対策も疎かにできませんが、
「夏バテ」しないように栄養のある食事をしっかり
採ることも大切です。


夏日  A day on which the temerature goes above 25 degree celsius 

真夏日  A day on which the temerature goes above 30 degree celsius

熱射病  Heatstroke 

日射病  Sunstroke

夏バテ  Heat illness



■お勧めの記事

日本の米生産量の驚くべき真実

ELFAIMG_1632_TP_V.jpg


日本人が愛する食べ物の代表が「お米」です。
「お米」は主食としてはもちろん様々な料理、お菓子、
お酒などにも用いられています。


最近ではパンや穀物、豊富な麺類などにより3食とも
「お米」を取り入れる方は減少傾向にあるかもしれません。


それでも日本では「お米」の食料自給率は97%程あり、
100%には届いていないもののかなり高い水準と言えます。


これほど自給率が高い「お米」ですし、
「お米」を見ない日がないほど日本には「お米」がある
ことから世界的にみても生産量はかなり上位にあるような
気がします。


実際のところはどうなのでしょうか?


「お米」の生産量ランキング


10位から順番に発表致します。


10. パキスタン

9. ブラジル

8. フィリピン

7. ミャンマー

6. タイ

5. ベトナム

4. バングラディッシュ

3. インドネシア

2. インド

1. 中国



あれ!? 日本がランキングに入っていません。


ブラジルってそんなにお米食べてましたっけ?


「お米」の生産量の日本のランキングは世界で13位と
以外に順位が低いのです。


日本のこんなに美味しい「お米」がもっともっと
広まっていって欲しいですね。


食料自給率 Food self-supporting ratio

生産量  Amount of production



■お勧めの記事

ついにコンビニで値引き始まる

KUMA1892046_TP_V.jpg


コンビニは数が多く24時間開いているところがほとんど
なので便利なお店と言えます。


その反面、コンビニで販売されている商品の値段は少し
割高な感じもしないでもないです。


コンビニと言えばコンビニ弁当などの食品が販売されて
いますが、これまでは賞味期限が切れてしまうと
問答無用に「破棄」されていました。


日本は食料自給率は低いにも関わらず、
「廃棄」になどによる食料はものすごい量になっており
社会問題にもなっています。


長い間捨てられるままになっていたコンビニの食料ですが
この度「値引き」を実施することにより廃棄減を目指す
ことができるようになりました。


素晴らしいことだと思います。


コンビニ大手のそれぞれの判断を観ていきましょう。


セブンイレブン


今年の秋から500品目を対象に5%ポイントでもって
還元する仕組みを導入予定。


ローソン


弁当などの食料品に関して100円ごとに5ポイントを
付与する。(6月から実験開始)


ファミリーマート


以前から「食品ロス」などの問題になっていた季節もの
例えば恵方巻などを完全な予約制に移行予定。


このようにコンビニよって対策方法は違いますが商品
「破棄」に対して前向きに取り組む姿勢が見られます。


今後は以前のようなものが溢れていて捨てる時代から
必要な分だけ作り、捨てないというエコなスタイルに
より一層社会全体が意識していくことになると思われます。

食料の破棄 Destruction of the food

食品ロス  Food waste

食料自給率  Food self-supporting ratio


■お勧めの記事

今密かに人気を集めている「チル」とは?

MIZUHODSC_0101_TP_V.jpg


今密かに若者たちの間で人気を集めている「チル」という
言葉を聞いたことがありますか?


「チル」だけ聞いても何のことか良く分からないという方
が多いと思います。


この言葉は英語が基になっている言葉なので英語で考えて
みることにしましょう。


英語にChill「チル」という言葉があります。


そしてこの「チル」はChill Outという言葉が正解になります。
「チルアウト」はゆっくりしたり、落ち着いたりする
という意味が込められています。


What are you doing now?

I'm just chilling out.


「今何してるの?」

「(テレビを観たり、音楽を聴いたりして)リラックスしているよ」


ネイティブスピーカーもこんな感じでやり取りをしているので、
結構日常的に使われているフレーズと言えます。


では本題の「チル」がなぜ人気を集めているかについてですが、
インスタグラムにとても関係があります。


これまでインスタグラム(インスタ)には豪華なものや
誰もがうらやむようなものが投稿される傾向にありました。


「いいね!」をもらう為に試行錯誤をしてきた感じがあります。


しかしインスタ映えするには多少なりとも無理をする必要が
あります。


たとえばレストランでコースメニューを頼んだ時に、
メニューが全部揃うまで待機しないといけません。


ただ写真を撮るためにせっかくの出来立ての食事が冷めて
台無しになってしまいます。


そんなインスタ映えを狙う若者に疲れが見え始めているのです。


そこで登場したのが「チル」です。
「チル」は無理にインスタ映えを狙う必要はありません。


ありのままのありのままの自然体で良いのです。


公園に行ってくつろいでいる写真をアップする。


何気ない普段の生活の1枚をアップする。


気取らない誰でもできてしまうような写真を撮って
シェアするのです。


「チル」の由来通り落ち着いた感じ、リラックスした感じ
が受け入れられているのです。


このような心境の変化は様々場面でも今後起こってくる
可能性があります。


インスタ映えを狙わずにリラックスしたライフを
楽しみましょう!!


と言いつつも時々はインスタ映えを狙ったりもして。


■お勧めの記事

飲食店キャンセル忘れの被害増

a0006_002881.jpg


歓迎会のシーズンで毎週のように飲み会や宴会が続いている
方も多いと思います。


飲み会などの予約に便利なのはネットでも予約できる総合予約
サイトです。


「食べログ」や「ホットペッパー」などを利用された方も多い
と思います。


飲食店の予約が便利になった一方で問題が起こっていることは
無断キャンセルです。


飲食店側は予約して頂いた人数分の食材などを準備しますので
無断キャンセルが多いと被害を受けてしまいます。


気の利いた幹事さんであればキャンセルがあれば早めに連絡を
お店側に入れてくれるので、集客に支障をきたすことはありません。


無断キャンセルが多い理由としては、お客側の都合もあるかも
しれませんが、予約サイトの充実により複数の予約(仮予約)なども
原因していると考えられます。


いずれにしても楽しい飲み会ですので、幹事の方はしっかりと
酸化人数を把握してお店側とコミュニケーションを取る必要
があります。


無断キャンセルっは絶対にやめるようにしましょう。


幹事 A secretary, A coordinator

無断キャンセル  Cancellations without notice



■お勧めの記事

車の免許を手放す?手放さない?


pcarIMGL4600_TP_V.jpg


5月の長期連休中そして連休後に度重なる凄惨な車の事故
が全国で起きています。


普段便利に乗り回している車が、思いもよらないことに
より凶器に変貌してしまうのです。


特に最近目立っているのが高齢者が運転している車の
事故です。


確かに年齢を重ねる毎に視力や反射神経、判断力などは
衰えることは間違いありません。


もちろん元気なお年寄りの方もいらっしゃいますし、
車が無いと生活できないという地域もあることは確かです。


しかしながら多くの凄惨な車の事故により自発的あるいは
家族の勧めにより運転免許証を返納する高齢者が増えて
いるようです。


ふとしたきっかけで被害者になってしまうというのは
なんとも悲しいことです。


車作りの技術が進歩し運転をアシストしてくれる機能が
充実すれば高齢者の方も安心して車を運転できる時代が
くるかもしれません。


運転免許証を手放すということは勇気のいる決断だと
思います。


車がなくてもすむようなインフラの整備や街づくりが
今後必要になってくるかもしれません。


ちなみに高齢者の方で多い事故の原因は

1. アクセルとブレーキの踏み間違え
2. 逆走
3. 信号無視

というような上記の原因が多いようです。


ハンドルを握った以上は18歳の若者も高齢者の方も
なんらかわりありません。


心に余裕を持って安全運転を心がけましょう。


免許返納 Driver License Return

反射神経  Reflex Nerve

判断力  Sense


■お勧めの記事