国際結婚は減少傾向?

CDS_weddings_TP_V.jpg


日本において国際結婚をされている方の割合は
およそ30組に1組の割合です。


外国人観光客も増え、
日本で生活する外国人の方も増えてきています。


今後も増加が見込まれています。


ただし、国際結婚が増えているかというと
別にそういう訳でもないようです。


むしろどうやら減少傾向にあるようです。


一番日本において国際結婚が多かったのは2000年頃
であり、およそ16組に1組の割合だったようです。


2000年頃国際結婚が多かった理由の一つに
海外から女性の出稼ぎが多かったことが挙げられます。


またこのころは「偽装結婚」なんてものも横行して
いました。


その後取り締まりが強化され、
日本に入国しづらい環境となっていたのです。


それが令和になり外国人労働者を募ることとなり、
日本において変換期になる可能性も出てきています。


日本に長期滞在する機会があれば、
それだけ出会いのチャンスもあります。


そして国際結婚の増加という事にもなりかねません。


なにも国際結婚がいけないということではありません。
もちろん様々な出会いもある訳ですから国際結婚は
全然ありだと思います。


ただ懸念事項としては国際結婚は「離婚率」も
高いという事を忘れてはいけません。


もちろん上手くやっているひとも大勢いらっしゃいます。


しかし日本人同士でも大変な結婚生活を文化や考え方が
違う人と一緒になるわけですからそれなりの覚悟がいります。


お互いの文化や価値観の違いを尊重できるカップルであれば
問題を乗り越えていけると思います。


国際結婚 International marriage

価値観  Sense of value

偽装結婚  Fake marriage

離婚率  Divoce rate



■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


気を付けるべき食べ物

DB88_debumenu15133912_TP_V1.jpg


早くて美味しい食べ物、
それはファストフードの食べ物です。


基本的にどこのファストフードに行っても
食べ物が提供されるスピードはものすごく早いです。


価格も手軽で何度でもいってしまう方もいらっしゃる
と思います。


しかしこのファストフードは一歩間違えると大変な
ことになってしまいます。


まずは健康面ですが、
週に何度も何度もファストフードに行ってしまう方は
要注意です。


栄養が偏り肥満や生活習慣病にかかりやすくなって
しまいます。


健康に気を付けるならばファストフードはできるだけ
避けバランスの取れた食事をすべきです。


次に金銭面でみていくとファストフードは所得の
低い人が行くイメージがあります。


お金持ちの人はファストフードに好んでいきません。
もっとお洒落で落ち着いた感じのレストランに行く
はずです。


海外のデータでもファストフード店の近くに住んでいる
人は低所得の人が多いようです。


日本で単純にそのデータが当てはまるわけではないかも
しれませんが、日本のお金持ちの方もファストフードの
常連とは思えません。


それでもファストフードが食べたいという気持ちは良く
わかります。


ですのでできるだけ毎日行かないようにしてごくまれに
ファストフードに行く分には健康面にも差し支えが
ないかもしれません。


ファストフード  Fastfood

常連  Parton

肥満  Obesity

生活習慣病  Lifestyle Disease


■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


驚くべき外国人観光客の実態

KAZUKIHIRO81004_TP_V.jpg


日本には毎年多くの外国人観光客が訪れています。
来年の東京五輪の際はかつてないほどの外国からの
訪問者が増える事でしょう。


外国人観光客の大部分が日本について興味を持ち、
親切で礼儀正しい人が多いです。


しかし今一部の外国人観光客が問題を起こしています。


中国、韓国、ベトナム出身の観光客による「集団すり」
「集団万引き」が増えていると言います。


複数人で犯行に及ぶためすりや万引きにかかる時間も
少なく組織立っておこなっています。


日本のドラッグストアやコンビニエンスストア、そして
個人経営のお店などもターゲットとされています。


外国人観光客は犯行後すぐに母国に帰ってしまう為
日本の警察が逮捕までもっていくのは至難の業といえます。


中には何回も繰り返し犯行に及ぶリピーターも存在
しています。


繰り返し犯行を行っているのにも関わらず日本の警察が
食い止めることができないというのは情けない話です。


こうした「集団すり」「集団万引き」が起こるように
なった背景は誰にでも手軽に海外に行けるようになった
ことです。


あまり資産のない外国人観光客も日本に来て「すり」や
「万引き」に手を染めます。


これは日本に来る目的が「観光」ではなく「仕事」に
なっているからです。


個人経営の店舗にはなかなか難しいかもしれませんが、
カメラを付けることによって抑止力を高めることが
できます。


これだけ日本国内で「すり」や「万引き」が横行している
のはやはり日本がなめられているのが原因と思われます。


悪いことに対してはしっかりと警察が動き、
日本の治安を高めていく必要があります。


すり  Pickpocket

万引き  Shoplifting

抑止力  Detterent



■お勧めの記事

平成で失ったもの、得たもの

019AME5031_TP_V.jpg


「令和」も始まって少し時間が経ちだいぶ落ち着いてきた
感じがあります。


米国トランプ大統領が「令和」最初の国賓として迎えられ
たことも話題になっています。


「令和」が良い時代になってくれることを願っています。


さてもう過去の時代となってしまった「平成」ですが
この時代に失ったもの、得たものがあります。


「平成」で失ったもの


本屋 


本屋さんの数は激減してしまいました。
スマホやタブレット端末などで本が読めるようになって
しまったことが大きな分岐点とも言えます。


CD


かつてはレンタルCDなんかもあったのですが、
新品のCDもレンタルCDも不要な時代となりつつあります。


YOUTUBEなどを始めネット上で音楽を映像付きで楽しめる
ようになったのでCDの出番は少なくなりました。


店舗型のお店


AMAZONや楽天などネットショッピングが盛んになって
きた影響で従来の店舗型のお店にも大きな影響がでています。


もちろん店舗型のお店にも存在するメリットはあるので
ゼロになることはないと思います。


リユース業界


BOOKOFFなどのような中古品を扱うお店に一時ものすごく
人気がありました。


しかしヤフオクやメルカリなどの出現により、店舗での取引
は減少し個人間での取引が増加しています。



「平成」で得たもの


「平成」になってうなぎ上りに増加しているものがあります。
それは「老人介護施設」です。


増加した「老人介護施設」の数に合わせるように「介護士」
の数も増加しています。


「平成」の初期と比べてその増加率は100倍というから
驚きです。


「令和」になっても増加の一途を辿ると考えられますので、
日本としては非常に深刻な問題になりえることだと思います。



国賓  A state guest

分岐点  Truning point



■お勧めの記事

知らない電話番号にご注意を

_RTM0860_TP_V1.jpg


タイのパタヤを拠点としていた詐欺グループが摘発された
事件で驚かされたのが、詐欺グループが日本のみならず
海外で活動しているケースが多いのではという疑惑です。


日本の警察も国内ならまだしも、海外だとなかなか
詐欺グループの捜査が難しいということもあります。


そして詐欺グループが使用していた電話ですが、
IP電話のため市外局番が「03」の表示ができる為に
いかにも日本国内から電話をしてきているようにすること
が可能になりました。


もちろんIP電話の設定次第では他の日本国内の市外局番
に変更することも可能と思われます。


まさか誰も海外から電話をかけてきているとは思わない
でしょう。


こうした事案も含め海外からの電話ははっきり海外から
きたものと分かるように是正してもらいたいところです。


また知らない電話番号は基本的に出ないというのが
様々な詐欺から身を守る手段になると思います。


詐欺の手口はどんどん巧妙になっていきますが、
様々な技術を活用して詐欺グループをどんどん摘発して
欲しいです。


詐欺 Fraud

巧妙  Skillful

摘発  Revelation

市外局番  Area code



■お勧めの記事

男性の育児休暇義務化は必要か?

babyFTHG7403_TP_V.jpg


男性の育児休暇が義務化されるかどうか注目されて
います。


そもそも女性と違い男性は育児休暇が必要なので
しょうか?


子育ての経験のある方ならよくご存じだと思いますが
子育ては大変でエネルギーが必要です。


子供が生まれたら子供が中心のライフスタイルになって
しまいます。


ひとりでも大変な子育てが2人、3人、4人と子供が
増えるとさらに大変になってしまいます。


女性は以前より育休を取りやすい環境になってきましたが、
雇用状態でも取りやすさは変わってきます。


男性は育児休暇があれば絶対に取った方が良いと思います。


やはり子供が小さい内はとても手がかかります。
普段は仕事中心の男性ですが育児休暇を取ることにより
少しは戦力になるかもしれません。


世界では育児休暇は取りやすく活用している方も多いと
思います。


日本はまだ欧米諸国とくらべるとかなり遅れを取っていると
言えます。


現在は5%程の育児休暇の取得率ですが、
これが義務化されればかなり高い割合になるのではないかと
期待されています。


育児休暇  Childcare leave

義務化  Mandatery



■お勧めの記事