TOEICのスコアアップに必要な勉強時間は?

TOEICのスコアアップは誰もが望んでいることです。ただし目標にしているスコアは人それぞれだと思います。 TOEICのスコアは10~990点の間で採点されます。4択の選択問題なので全問外すのは「英語力」がないと難しいかもしれません。 そもそも誰も10点を目指して勉強はしないと思いますが、990点を目指す必要もないかもしれません。 TOEICのスコアが900点以上あれば十分に英語は上級のレベルに達しています。 このレベルからTOEICのスコアを上げていく為には時間がかかる可能性があります。 TOEICの点数が400~600点くらいの方は点数を一気に伸ばしやすいです。 TOEICの解き方やコツを掴むだけでもかなりの点数アップが期待できます。 TOEICの点数が600~800点くらいですと、そこそこ英語ができるレベルです。 このくらいのレベルになると900点以上を取ってみたいという気持ちになります。 残念ながらTOEICの点数が400点未満のかたは英語が初心者レベルの方です。 しかし点数が低いからと言って落胆する必要はありません。なにしろTOEICの点数を上げる伸びしろが一番あります!! まずはTOEICの点数の目標を設定することが大切です。 例えばTOEICのテストで1ヶ月でTOEIC750点を目指す! となった場合1日に勉強する時間はどれくらい必要でしょうか? 普段生活をしていると机に向かって座ってしっか…

続きを読む

TOEIC頻出単語Replaceについて

TOEICには頻出される単語がある程度決まっています。 それらの頻出単語を押さえておけば、本番のテストでも「この単語の意味はなんだったけ?」という事態は避けられます。 当然のことながら試験中に電子辞書やスマホを使って、知らない単語の意味を調べることはできません。 これらのデバイスを使用したら即失格にもなりかねません。 さて本日はTOEIC頻出単語のReplaceを見ていきましょう。 皆さんも良くご存知の単語Placeは場所や位置を表しています。 ネイティブの英会話にも良く出てくる単語ですね。 英単語の中にはReplaceのようにRe+Placeと頭に少し付け加えるだけで意味が異なるものがたくさんあります。 Replaceの意味は「場所を変える」「位置を変える」「取り換える」ということになります。 この英単語は非常に幅広く使用できるのでとっても便利な単語です。 Replace a battery 「電池を交換する」というような使い方もできます。 ■お勧めの記事英語がとにかくできるようになりたい方へ

続きを読む

かなり役に立つShallとShouldの使い分け

中学生の時に習うShallとShouldですが、使い方を忘れてしまった方も多いのではないでしょうか。 実はこの2つの単語の使い分けはビジネスの中でもとても重要なので是非使い方をマスターしておきましょう。 shall  するであろう Should  するべきである 日本語にするとどちらもあんまり変わらないような感じがしますね。 英語にすると結構大きな違いがあるので注意が必要です。 Shallは「そうなる」という意味も込められていて、以外に強気な印象を与えます。 Shouldは「そうすのがいいんじゃない」という意味が込められているので弱気な印象を与えてしまいます。 You should eat more vegitables. 「野菜をもっと食べた方がいいんじゃない」くらいの意味なので別にあなたが野菜食べようが食べないがそんなに影響はないわけです。 命令でもアドバイスでもなくゆるい感じになります。 You shall study hard 「しっかり勉強した方がよい」になるので、もっと強い意味を持たせることができます。 Shallは部下が上司にいうような単語ではないですし、生徒が先生に向かっていうような単語でもありません。 また契約文書やビジネス文書においてもshouldはあまり好まれません。「そうほうがいいんじゃない」なんて言ったら変ですからね。 圧倒的にShallの方がそういう場合には好まれて使われる傾向にあ…

続きを読む

今週気になった英単語【1】

今週気になった英単語【1】 今週気になった英単語をランダムに纏めていきます。 看過(かんか)できない  I cannot overlook it 嗜好(しこう)がある Taste Matches 余儀(よぎ)なくされる To be Forced to do 無難(ぶなん) Acceptable 乖離(かいり) Separation 趣味があわない a hobby does not match 経済成長率 Ecconomic Growth Rate 減速 Slowdown 悪影響 Bad Influence 低迷 Stagnation 鈍化 Blunting 打撃を受ける To take damege 設備投資 Capital Investment 業績不振 Poor Business Performance 経済悪化 Economic Aggravation 連鎖 Interlocking 連鎖反応 Chain Reaction 連鎖反応を起こす Trigger a Chain Reaction 保釈 Bail 気になる英単語はありましたでしょうか? 日本語で知っている言葉が英語でぱっと思い浮かばない時があります。 この言葉は英語で何て言うのかなという疑問を持つことが英語習得の近道かもしれません。 英語学習のお勧め…

続きを読む

今すぐ役に立つ英語のフレーズ

Question 今すぐ役に立つ英語のフレーズは? 英語が苦手、英語が分からないという方も多いと思います。 それでも英語を理解することができれば、それに越したことはありません。 英語を身に着けるにはある程度のフレーズを覚えておく必要があります。 頻出されるフレーズを抑えておけばいざ英会話を使用するときにきっとお役に立つはずです。 Answer Could you do me a favor? 「お願いを聞いてもらえませんか?」 Give me a second. 「少し待ってね」 It's up to you. 「あなた次第です」 It's on my way. 「今向かっています」 It's no big deal. 「大したことじゃないよ」 I had no idea. 「わかりません」 Have fun!! 「楽しんでね」 How about you? 「あなたはどう?」 Why not? 「なんで?」 ■重要な単語Favor 願い、好意 英語学習のお勧めツール 英語学習ツール特徴対象/目標/費用自宅でマンツーマン英会話!子ども英会話の【GLOBAL CROWN 入会金・教材費0円無料体験付き 「対話力」を始め「話す」「聞く」というスキルに重点を置いています。 マンツーマンレッスンなのが魅力的です。 【対象】子供 【レッスン時間】20分 【料金】…

続きを読む

英会話でとても重要!?ネガティブとダブルネガティブの使い方

Question 英会話でとても重要!?ネガティブとダブルネガティブの使い方 英会話を聞いていると日常的にネガティブのフレーズを聞きます。 ダブルネガティブのフレーズは頻度は高くないですが、使う人もいると思います。 TOEICではネガティブのフレーズの試験問題は頻出しますが、ダブルネガティブは出題されません。 一方、TOFLEはネガティブもダブルネガティブの問題も頻出するので厄介です。 Answer ネガティブとダブルネガティブは聞き間違えたり、読み間違えたりすると意味が全然変わってしまうので注意が必要です。 Negative 否定Double Negative 肯定(になることがある) 【ネガティブの例】 He is not sad about the exam result. not sad = happy 「彼は試験結果に喜んだ」 Nobody arrived on time. Nobody + on time = late 「誰も時間通りに来なかった」 She dislike seafoods. dislike = not like 「彼女はシーフードが好きではない」 【ダブルネガティブの例】 It isn't impossible for the concert to take place. isn't impossible = might possible 「コンサートはたぶん行われる」…

続きを読む