旅行で海に行くとき際気を付けること

tokunoshimaP6040066_TP_V.jpg


旅行というと綺麗な砂浜や透き通るように綺麗な海
を思い浮かべる方も多いと思います。


特にこれから夏に近づくにつれていよいよ海の
シーズンが到来したと言えます。


(世界には1年中泳げるところもありますが…)


しかし、海に行くと気になるのは強い太陽の日差し
です。


それに、海外の太陽は日本と同じはずなのに
かなり強力に感じるのは気のせいでしょうか?


海に行くときに欠かせないのは「日焼け止め」です。
しかし世界の海では徐々に日焼け止めが禁止されつつ
あります。


Nobiodegradble sunscreen that contains harsh chemicals
like oxbenzone have been proven to be toxic to coral reefs
and other sea life.


ということで「日焼け止め」Sunscreenに含まれる成分が
サンゴ礁や海の生物にとって有害になることが証明されています。


知らず知らずの内に良かれと思って塗っている「日焼け止め」で
サンゴ礁coral reefsに損傷を与えるているとはショックでなりません。


すべての「日焼け止め」がだめという訳ではなく、
オキシベンゾンやオクチノキサートなどの成分が入っていると
問題があるという事です。


すでにハワイ、フロリダ、メキシコなどカリブ海では
一部の「日焼け止め」が禁止Banされています。


使用して良いか分からない「日焼け止め」を持ち込むよりは
これらの一部の「日焼け止め」が禁止地区でも使用できる
ものを購入した方が良さそうです。


成分が英語やスペイン語で書いてあると難しい場合も
ありますので、店員さんに聞いてみるのも良いと思います。


綺麗な海のサンゴ礁や海の生物が死滅、絶滅してしまうのは
あまりにも酷なことです。


将来に綺麗な海が残せるように一人一人の努力が必要です。


強い化学成分 Harsh chemicals

毒性の Toxic

mizsuho170920001_TP_V.jpg


■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


この記事へのコメント