なぜ社長よりも副社長の方が給料が高い!?

UNI16040516IMG_0017_TP_V.jpg

世界的にも有名なトヨタですが給料体系が
面白いことになっています。


豊田章男社長の報酬は3億8600万円に対して
ディディエ・ルロワ副社長の報酬は10億4200万円です。


副社長の方が社長よりも3倍近くの報酬を貰っている
というのは驚きの事実です。


そもそもなぜこのような逆転現象が起こるのでしょうか?


これはトヨタに限らず他の日系企業にも言える事かも
しれませんが、日本の社長も役員も報酬が少ないのです。


海外で活躍しているグローバル企業をみると日本人の
報酬は少なすぎます。


社長、副社長共に日本人の場合はこのような逆転現象は
見られないはずです。


社長が日本人、副社長が外国人ということが大きな要因
と考えられます。


一番大きな理由の一つとして「他社への引き抜き」を
恐れています。


外国人の幹部クラスや役員の人達は簡単にお金に釣られて
他社に行きそうですからね。


本当に副社長にそれだけの報酬に見合った仕事をしているか
どうかは疑問が残りますが。


報酬役員  Director's remuneration

引き抜き  Headhunting



■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


この記事へのコメント