日本の警察はなぜ銃が必要なのか?

PoliceFTHG5737_TP_V.jpg


米国で生活していると銃はとても身近なものです。
一般の人も銃を持っているので犯罪でも当然のように
銃が使用されます。


それに対抗するためには米国の警察は銃が必要ですし、
銃撃戦になることもあります。


一方で日本において一般の人が銃をもっている割合は
限りなくゼロに近いと思われます。


しかし警察は銃を保有しています。


日本の犯罪で使用される凶器は銃ということは
稀ですので日本の警察は過剰な装備のようにも感じられ
ます。


特に今回大阪で起こった事件は、
警察が重体になり携帯していた銃を盗まれています。


今後このような事件が起こらないようにしてもらいたい
のは当然なのですが、日本の警察から銃を無くさないのは
不思議でなりません。


日本の警察が銃を携帯している理由は犯罪の抑止力です。
これによって未然に防げている事件は多いと思われます。


日本で使用されている銃はリボルバー式のものですが、
これは扱いが非常に簡単なものです。


銃撃戦にもあまり向いていない代物ですので、
護身用の意味合いが大きいのです。


米国にある最新の銃と比べると非常に古臭い感じが
します。


最新の銃は性能が良いものの扱いが難しいものが多いのも
事実です。


「銃が奪われにくい拳銃入れ」に焦点が当たるのは不可解
な感じもしますが、二度とこのような事件が起こらないよう
に対策を打って欲しいところです。


日本の警察に本当に銃が必要なのか?というところも
踏まえて検討して欲しいです。


日本が今以上に誰もが安心して生活できるような国になる
ことを願っています。


拳銃  Gun

銃規制  Gun Control

治安  Peace and order



■お勧めの記事


最後までお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しております。
下のバナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです!!


この記事へのコメント