給与の安い日本になぜ?

a0002_003051.jpg


日本の給与は安いと言われるのはなんとも悲しい
事です。


もちろん途上国と比べてまだまだ給与水準は高いと
言えますがその差は縮まりつつあります。


一方で多くの先進国で比較すると日本の給与は
少ないと感じてしまうことでしょう。


それには理由があります。


日本には崩壊しつつありますが年功序列と終身
雇用制度があります。


・年齢と共に給与が上がる

・簡単には首にならない


というメリットがありますが、給与水準を上げる
大きな足かせになっています。


海外の企業のようにすべきだと思うのですが、
競争が激化すのは不可避です。


・仕事ができる人に給与を高く支払う

・いつでも基部にできる


この上記の条件が加われば日本の給与水準は良くなる
かもしれません。


また日本には「退職金」というものがあり、
長年同じ会社に勤めることによりそれなりに纏まった
お金が手に入ります。


一方海外にも「退職金」のようなものはありますが、
日本と比べて長期的に同じ会社に勤める人は珍しい
かもしれません。


日本人は残業が多い。


海外では残業をするのは仕事ができない人の象徴です。


日本の基本給は控えめなので残業をしないとちょっと
厳しいところもあります。


ただ残業ありきなところは間違っているので、
きちんと「働き方改革」をして欲しいところです。


海外の給与は残業しなくてもそこそこの給与水準に
なります。


残業しないで済む分、家族と一緒に過ごす時間や
プライベートの時間も増えるのが嬉しいですよね。


現在の日本の企業にはっきりいって海外からの魅力は
あまり感じられません。


給与水準を上げないことには日本の経済は良くならない
ような気がしますが…


基本給 Basic Salary

残業  Overtime work

退職金  Retirment money


■お勧めの記事

この記事へのコメント