投資に向いている人

55b6b183f316a51ae4fdb6c509cb1835_t.jpg


世の中には投資に向いている人もいれば、
投資に向いていない人もいます。


株の投資で100%儲けるということはまずありません。
なぜなら相場はいつも上下するからです。


ケース1
100,000円で購入した株が1年後に120,000円に
価値が上昇している場合もあります。


ケース2
一方で100,000円で購入した株が1年後には80,000円
価値が下落している場合もあります。


ケース3
また、1年後には100,000円でそれほど変動しない場合も
あるかもしれません。


ケース1の場合は資産が増えるので
そのあと株を売却すれば利益となります。


ケース2の場合は売却した場合、損益となってしまいます。


ケース3の場合は特に変動はありませんが、
株には株価の他に配当と呼ばれるものがありますので、
配当の利益は受けられる場合があります。


また株主優待があれば優待分も利益となります。


さて全ての保有株の価格が上昇すればいうことはありませんが、
世の中それほど甘くない時もあります。


仮に保有している株が下落し始めたらどうしますか?


ここで投資に向いているか向いていないかが分かるポイント
となります。


下落したらすぐ売却するという人はあまり投資に向いて
いないかもしれません。


もちろんデイトレードなどの手法もありますので、
全てがこのケースにあたらうわけではありませんが。


投資に向いている人は目先の結果だけ見ないで、
もっと先の結果を見ています。


株価が何かのきっかけで下落し始めても、
株価はいつか反発し上昇に転じます。


(もちろん企業業績などにより株価が下落し続けるものも
ありますので見極めが重要なのはいうまでもありません。)


ただ株価は海の波のように上下を繰り返していきますので、
価格が下がったらすぐに損切りするのではなく全体の相場
を見た方が最終的には利益が大きく出せる場合が多いです。


また株を購入するポイントしては高い時に買わないが鉄則
です。


スーパーでも「値上げセール」なんてものはありませんが
そのタイミングで買いませんよね。


スーパーで買い物するときは「値引き」があってからの方が
お得です。


このような堅実な売買ができる人は投資には向いている
と思います。


投資 Investment

資産運用 Asset Management



■お勧めの記事

この記事へのコメント