「令和」を利用すると何かお得?

PAKU151219070I9A0922_TP_V.jpg

新しい元号の「令和」になる時が近づいています。


この「令和」にあやかって企業の社名に「令和」の
文字を取り入れているところが急増しています。


新元号が発表された当時は「令和」の文字を取り入れた
企業はありませんでした。


現在は70社以上に増えているから驚きです。


それではなぜわざわざ社名を「令和」にしようと考える
企業が多いのでしょうか?


それは企業にとって知名度や認知度を高めてもらう必要が
あるからです。


知名度が上がれば顧客が増えます。
そうすると自然に会社の売上も上がりやすくなすわけです。


「令和」という文字はもはや日本人の多くが知っている言葉と
なりました。


もちろん海外での認知度も今後上がっていくことでしょう。


知名度  Notability

認知度 Level of familiarity


■お勧めの記事

この記事へのコメント