日本の宿泊サイトに疑惑

sin220160717552721_TP_V1.jpg

国内・海外問わず旅行に出かける人が増加しています。
それに伴い大きな経済効果も見込まれます。


今年は長期連休になるゴールデンウィークと来年は
東京オリンピックも控えますます旅行業界は盛り上がって
います。


旅行に必要不可欠なものは「宿泊施設」です。
ホテルや旅館、ビジネスホテルなど現在は様々な業態の
宿泊施設があります。


気になるのは宿泊施設の料金ですが、
宿泊施設の料金を比べるサイトが注目を集めています。


誰だって同じサービスを受けるなら料金が安い方を
選ぶはずです。


しかし大手の料金比較サイト・宿泊施設検索サイトに
ある疑惑がかかっています。


「楽天」「エクスペディア」「ブッキングコム」など
名前を聞いたり、利用したことがある方も多いと思います。


この大手3社が実際の料金よりも宿泊料金を高めに設定
したとの疑いがあります。


公正取引委員会は独占禁止法の疑いで立ち入り検査をして
います。


大手宿泊検索サイトに各社にはぜひ適正価格、もしくは
少しでもお得に宿泊施設を提供できるように企業努力を
してもらいたいものです。


公正取引委員会 Antimonopoly Law

独占禁止法  Fair Trade Commission



■お勧めの記事

この記事へのコメント