かなり役に立つShallとShouldの使い分け

PAK75_englishchirabaru20141206204205_TP_V.jpg

中学生の時に習うShallとShouldですが、
使い方を忘れてしまった方も多いのではないでしょうか。


実はこの2つの単語の使い分けはビジネスの中でも
とても重要なので是非使い方をマスターしておきましょう。


shall  するであろう

Should  するべきである


日本語にするとどちらもあんまり変わらないような感じが
しますね。


英語にすると結構大きな違いがあるので注意が必要です。


Shallは「そうなる」という意味も込められていて、
以外に強気な印象を与えます。


Shouldは「そうすのがいいんじゃない」という意味が
込められているので弱気な印象を与えてしまいます。


You should eat more vegitables.


「野菜をもっと食べた方がいいんじゃない」くらいの意味なので
別にあなたが野菜食べようが食べないがそんなに影響はないわけ
です。


命令でもアドバイスでもなくゆるい感じになります。


You shall study hard


「しっかり勉強した方がよい」になるので、
もっと強い意味を持たせることができます。


Shallは部下が上司にいうような単語ではないですし、
生徒が先生に向かっていうような単語でもありません。


また契約文書やビジネス文書においてもshouldはあまり好まれません。
「そうほうがいいんじゃない」なんて言ったら変ですからね。


圧倒的にShallの方がそういう場合には好まれて使われる傾向に
あります。




英語学習のお勧めツール
英語学習ツール特徴対象/目標/費用

入会金・教材費0円
無料体験付き

「対話力」を始め「話す」「聞く」というスキルに重点を置いています。

マンツーマンレッスンなのが魅力的です。

【対象】
子供

【レッスン時間】
20分

【料金】
1回2,400円

【目標レベル】
日常会話
英検
英国・カナダ・英国・オーストラリアなどのネイティブスピーカーが先生

レッスン録画機能や翻訳機能付きチャットを標準装備

24時間対応で社会人も取り組みやすい
【対象】
学生/社会人

【時間】
15分

【料金】
2,073円~

【目標】
ビジネス英語
TOEFL
IELTS
短期留学・語学留学など目的に合わせた学校を選べる

無料留学相談が受けられる

【対象】
学生/大人/シニア

【料金】
海外の語学学校や大学などの機関により異なる

【目標】
TOEIC
TOEFL
ビジネス英語
満足度と継続率が高いのが特徴

3か月専属講師がマンツーマンで指導する

自由課題によるグループセッションでプレゼン能力も上げられる
【時間】
毎日50分

【料金】
月額83,000円

【目標】
英語力
日常会話
ビジネス英語
コミュニケーション能力
全国80カ所以上あるので通いやすい

ロゼッタストーンのクオリティが高い学習

マンツーマンの指導

パワーレビューやeラーニングも充実
【時間】
自由予約制

【料金】
4,000円~

【目標】
日常会話
ビジネス会話
7日間無料体験あり

パーソナルコーチプランを採用

TOEICスコアアップに特化している
【対象】
学生/社会人

【料金】
4,834円~

【目標】
TOEICに特化
マンツーマンのオンライン授業

SKYPEではなく独自の通信システムを使用

コストパフォーマンスが非常に良い

最大1カ月間なんと無料
【対象】
学生

【時間】
毎日25分

【料金】
月額5,000円~

【目標】
英検
日常会話
ネイティブと日本人講師の構成

9:00~21:00の中から自由予約制

市ヶ谷駅から徒歩2分

試験対策に特化しているので点数を伸ばしやすい
【対象】
学生/社会人

【時間】
1回55分

【目標】
TOEIC高得点
TOEFL高得点

この記事へのコメント