平成の子供達のお小遣い事情に仰天

anjyuIMG_7739_TP_V.jpg

平成の子供達のお小遣いの使い道がすごいと話題に
なっています。


お小遣いはもらったらお菓子とか好きなものを購入して
しまっていたような気がします。


今の子供たちは昭和の時代の子供達と考え方が違って
いてびっくりしてしまいます。


ちなみに「お小遣い」は英語でPesronal Expensesと言います。


さて肝心のお小遣いの使い道のダントツ1位はなんと「貯金」
でした。


なんて堅実的な子供たちなのでしょうか?


使い道 Way of use

貯金 Saving


この「貯金」を選ぶ子供達の心理的な状況を分析していくと
次のようなことが分かってきます。


まずはモノが豊かにあふれている現在において平成の子供達は
とても恵まれた環境です。


率直に「欲しいものがない」という意見も多いのです。


スマホを持っている子供たちにとって漫画やゲームはスマホで
完結してしまうという背景もあります。


ただ課金コンテンツに手出してしまうとお小遣いを使わない
のかという心配もあります。


そして次に多かった意見としては
「将来が不安だからお金を貯めている」ということでした。


子供の内からそこまで将来のことを見据えているとは驚きです。


長引く日本の不況からも子供たちはとても大きな影響を受けて
いるようです。


長引く不況 Chronic Depression

将来の不安  Worry about the future



英語学習のお勧めツール
英語学習ツール特徴対象/目標/費用

入会金・教材費0円
無料体験付き

「対話力」を始め「話す」「聞く」というスキルに重点を置いています。

マンツーマンレッスンなのが魅力的です。

【対象】
子供

【レッスン時間】
20分

【料金】
1回2,400円

【目標レベル】
日常会話
英検
英国・カナダ・英国・オーストラリアなどのネイティブスピーカーが先生

レッスン録画機能や翻訳機能付きチャットを標準装備

24時間対応で社会人も取り組みやすい
【対象】
学生/社会人

【時間】
15分

【料金】
2,073円~

【目標】
ビジネス英語
TOEFL
IELTS
短期留学・語学留学など目的に合わせた学校を選べる

無料留学相談が受けられる

【対象】
学生/大人/シニア

【料金】
海外の語学学校や大学などの機関により異なる

【目標】
TOEIC
TOEFL
ビジネス英語
満足度と継続率が高いのが特徴

3か月専属講師がマンツーマンで指導する

自由課題によるグループセッションでプレゼン能力も上げられる
【時間】
毎日50分

【料金】
月額83,000円

【目標】
英語力
日常会話
ビジネス英語
コミュニケーション能力
全国80カ所以上あるので通いやすい

ロゼッタストーンのクオリティが高い学習

マンツーマンの指導

パワーレビューやeラーニングも充実
【時間】
自由予約制

【料金】
4,000円~

【目標】
日常会話
ビジネス会話
7日間無料体験あり

パーソナルコーチプランを採用

TOEICスコアアップに特化している
【対象】
学生/社会人

【料金】
4,834円~

【目標】
TOEICに特化
マンツーマンのオンライン授業

SKYPEではなく独自の通信システムを使用

コストパフォーマンスが非常に良い

最大1カ月間なんと無料
【対象】
学生

【時間】
毎日25分

【料金】
月額5,000円~

【目標】
英検
日常会話
ネイティブと日本人講師の構成

9:00~21:00の中から自由予約制

市ヶ谷駅から徒歩2分

試験対策に特化しているので点数を伸ばしやすい
【対象】
学生/社会人

【時間】
1回55分

【目標】
TOEIC高得点
TOEFL高得点

この記事へのコメント