英国のEU離脱のメリットは?

N695_biggubenn_TP_V4.jpg


英国のEU離脱のメリットは?


英国がEU離脱するにあたり様々な問題が浮上しています。


国民投票でEU離脱が決まっただけに、
いざ離脱手続きが始まると想像もしていなかったことが
起こっているようです。


英国がEU離脱するのにデメリットとしては他のEUの国々
に入国する際にパスポートが必要になります。


これまでのように自由に出入りはできないのです。


この条件は人々の流れだけに留まらず、
物の流れすなわち物流にも同じことが言えます。


物が国々を行き来する際は関税の負担が大きくなるのです。


またEU離脱の違約金(離脱金)のようなものが存在します。
この違約金は大きな負担となります。


英国にあったEU機関の「欧州医薬品庁」と「欧州銀行監督機構」が
オランダに移転します。


EU機関を動かすとはすごい発想ですが、
この移設にかかる費用は英国の負担金となります。


英国に本社を置くダイソンはシンガポールへの移転を決めています。


日系企業も移転や引き上げなどこれから苦渋の選択をしなければ
いけない場面がでてくると思います。


これだけ大きな重しとなるEU離脱という行為にイギリスはどんな
メリットがあるのでしょうか?


イギリスがEU離脱で享受できるメリットは移民の受け入れを抑制できる
ということがまずひとつ。


ギリシャなどの赤字国の負担をしなくても済むというのが
2つめのメリット。


EU主体ではなくイギリス主体となって物事を進められるというのが
3つめにして一番大きなメリットではないでしょうか。



Brexit 英国のEU離脱

Referendum 国民投票

Custom  関税

Penalty  違約金

EU 欧州連合

EMA 欧州医薬品庁

EBA 欧州銀行監督機構


■重要な単語
Brexit 英国のEU離脱

Referendum 国民投票

Custom  関税

Penalty  違約金


英語学習のお勧めツール
英語学習ツール特徴対象/目標/費用

入会金・教材費0円
無料体験付き

「対話力」を始め「話す」「聞く」というスキルに重点を置いています。

マンツーマンレッスンなのが魅力的です。

【対象】
子供

【レッスン時間】
20分

【料金】
1回2,400円

【目標レベル】
日常会話
英検
英国・カナダ・英国・オーストラリアなどのネイティブスピーカーが先生

レッスン録画機能や翻訳機能付きチャットを標準装備

24時間対応で社会人も取り組みやすい
【対象】
学生/社会人

【時間】
15分

【料金】
2,073円~

【目標】
ビジネス英語
TOEFL
IELTS
短期留学・語学留学など目的に合わせた学校を選べる

無料留学相談が受けられる

【対象】
学生/大人/シニア

【料金】
海外の語学学校や大学などの機関により異なる

【目標】
TOEIC
TOEFL
ビジネス英語
満足度と継続率が高いのが特徴

3か月専属講師がマンツーマンで指導する

自由課題によるグループセッションでプレゼン能力も上げられる
【時間】
毎日50分

【料金】
月額83,000円

【目標】
英語力
日常会話
ビジネス英語
コミュニケーション能力
全国80カ所以上あるので通いやすい

ロゼッタストーンのクオリティが高い学習

マンツーマンの指導

パワーレビューやeラーニングも充実
【時間】
自由予約制

【料金】
4,000円~

【目標】
日常会話
ビジネス会話
7日間無料体験あり

パーソナルコーチプランを採用

TOEICスコアアップに特化している
【対象】
学生/社会人

【料金】
4,834円~

【目標】
TOEICに特化
マンツーマンのオンライン授業

SKYPEではなく独自の通信システムを使用

コストパフォーマンスが非常に良い

最大1カ月間なんと無料
【対象】
学生

【時間】
毎日25分

【料金】
月額5,000円~

【目標】
英検
日常会話
ネイティブと日本人講師の構成

9:00~21:00の中から自由予約制

市ヶ谷駅から徒歩2分

試験対策に特化しているので点数を伸ばしやすい
【対象】
学生/社会人

【時間】
1回55分

【目標】
TOEIC高得点
TOEFL高得点

この記事へのコメント