日本がIWCを脱退してまで捕鯨をする理由

PP_gyosen_TP_V1.jpg


日本がIWCを脱退してまで捕鯨をする理由


2018年12月26日、日本はIWCを脱退する決断を下しました。
これにより日本は2019年7月には商業用捕鯨を開始すると
発表しています。


そもそも捕鯨をする理由は?


以前は日本でも鯨をの肉を食べる文化がありました。
もちろん地域によって異なるかもしれませんが、
ご年配の方は食された経験がある方が多いと思います。


鯨が食肉として使用されていたのは現在よりも
食生活が豊かでなかった為です。


現在日本では食べ物が溢れるようになり、
以前と比べて鯨を食べられる方は大幅に減少しています。


若い方は鯨を食べたことがないという方も多いと
思います。


IWCを脱退するにあたり、
日本はこれまで築いてきた国際関係を悪化する恐れが
あります。


多くの国や組織から避難されることでしょう。


食肉も鯨にこだわる必要はなっかたのではないかと
感じます。



それでも商業捕鯨をしたい理由は何でしょうか?


それは日本国内の政治的な問題ではないかと言われて
います。


商業捕鯨する地域と日本の政治家がろくな議論もなく
捕鯨再開を進めてしまったことが問題になりそうです。


今回のIWC脱退によって日本が払う代償は大きな
ものとなりそうです。


Whale Fishing  捕鯨

International Whaling Commission  IWC 国際捕鯨委員会

Secession  脱退




■重要な単語
Whale Fishing  捕鯨

International Whaling Commission  IWC 国際捕鯨委員会

Secession  脱退


英語学習のお勧めツール
英語学習ツール特徴対象/目標/費用

入会金・教材費0円
無料体験付き

「対話力」を始め「話す」「聞く」というスキルに重点を置いています。

マンツーマンレッスンなのが魅力的です。

【対象】
子供

【レッスン時間】
20分

【料金】
1回2,400円

【目標レベル】
日常会話
英検
英国・カナダ・英国・オーストラリアなどのネイティブスピーカーが先生

レッスン録画機能や翻訳機能付きチャットを標準装備

24時間対応で社会人も取り組みやすい
【対象】
学生/社会人

【時間】
15分

【料金】
2,073円~

【目標】
ビジネス英語
TOEFL
IELTS
短期留学・語学留学など目的に合わせた学校を選べる

無料留学相談が受けられる

【対象】
学生/大人/シニア

【料金】
海外の語学学校や大学などの機関により異なる

【目標】
TOEIC
TOEFL
ビジネス英語
満足度と継続率が高いのが特徴

3か月専属講師がマンツーマンで指導する

自由課題によるグループセッションでプレゼン能力も上げられる
【時間】
毎日50分

【料金】
月額83,000円

【目標】
英語力
日常会話
ビジネス英語
コミュニケーション能力
全国80カ所以上あるので通いやすい

ロゼッタストーンのクオリティが高い学習

マンツーマンの指導

パワーレビューやeラーニングも充実
【時間】
自由予約制

【料金】
4,000円~

【目標】
日常会話
ビジネス会話
7日間無料体験あり

パーソナルコーチプランを採用

TOEICスコアアップに特化している
【対象】
学生/社会人

【料金】
4,834円~

【目標】
TOEICに特化
マンツーマンのオンライン授業

SKYPEではなく独自の通信システムを使用

コストパフォーマンスが非常に良い

最大1カ月間なんと無料
【対象】
学生

【時間】
毎日25分

【料金】
月額5,000円~

【目標】
英検
日常会話
ネイティブと日本人講師の構成

9:00~21:00の中から自由予約制

市ヶ谷駅から徒歩2分

試験対策に特化しているので点数を伸ばしやすい
【対象】
学生/社会人

【時間】
1回55分

【目標】
TOEIC高得点
TOEFL高得点

この記事へのコメント