最近使われている英語略語いくつ分かりますか?

PAK75_englishchirabaru20141206204205_TP_V.jpg

Question


最近使われている英語略語いくつ分かりますか?


ビジネスでは常に新しい用語や略語がでてきます。


あまりにも英語の略語やビジネス用語が混在している
と何が言いたいのか分かりにくくなってしまいそうです。


今回ご紹介する用語はいくつご存知でしょうか?


Answer


IoT ”Internet of Things”

「インターネットオブシングス」はモノ事態に通信機能
を持たせて、インターネットを接続し、自動認識、
自動制御、遠隔操作などを行えます。


OJT ”On the Job Training"

「オージェーティー」は実際の職場に入る前に
就業訓練を実施て行うことです。


現場に入る前に訓練を受けられるので、
新入社員にとってはメリットが大きいです。


OFFJT "Off the Job Training"

「オフジェーティー」は職場外でのトレーニングになります。
集合研修、講習会、通信教育など多くの知識を幅広く学ぶことが
できるメリットがあります。


Finteck

「フィンテック」は”Finance””Technology”の2つを
合わせた言葉です。

AIを導入して投資をしたり、キャッシュレスで買い物を
したり資産を運用したりできるので今後注目の技術です。


GAFA

「ガーファ」とは”Google"”Apple””Facebook””Amazon”
の4つの大企業の頭文字を合わせたものです。

この4つの企業が与える世界への影響力は計り知れません。


ESports "Electronic Sports"

「イースポーツ」とは複数の対戦者で競われるコンピューター
ゲームです。

近年では大会や賞金の規模も大きく、参加者や観戦者も多い
ことから何かと注目を集めています。


NR ”No Return"

「ノーリターン」とは出張もしくは外出先から、
自社に戻らず直帰する事を意味しています。


FYI ”For Your Information"

「エフワイアイ」とはメールなどで情報を送る際に、
重要ではないが相手に知っておいてもらいたい時に
使用します。


ちなみに略語は英語でAbbreviationと言います。



■重要な単語
Abbreviation 略語


英語学習のお勧めツール
英語学習ツール特徴対象/目標/費用

入会金・教材費0円
無料体験付き

「対話力」を始め「話す」「聞く」というスキルに重点を置いています。

マンツーマンレッスンなのが魅力的です。

【対象】
子供

【レッスン時間】
20分

【料金】
1回2,400円

【目標レベル】
日常会話
英検
英国・カナダ・英国・オーストラリアなどのネイティブスピーカーが先生

レッスン録画機能や翻訳機能付きチャットを標準装備

24時間対応で社会人も取り組みやすい
【対象】
学生/社会人

【時間】
15分

【料金】
2,073円~

【目標】
ビジネス英語
TOEFL
IELTS
短期留学・語学留学など目的に合わせた学校を選べる

無料留学相談が受けられる

【対象】
学生/大人/シニア

【料金】
海外の語学学校や大学などの機関により異なる

【目標】
TOEIC
TOEFL
ビジネス英語
満足度と継続率が高いのが特徴

3か月専属講師がマンツーマンで指導する

自由課題によるグループセッションでプレゼン能力も上げられる
【時間】
毎日50分

【料金】
月額83,000円

【目標】
英語力
日常会話
ビジネス英語
コミュニケーション能力
全国80カ所以上あるので通いやすい

ロゼッタストーンのクオリティが高い学習

マンツーマンの指導

パワーレビューやeラーニングも充実
【時間】
自由予約制

【料金】
4,000円~

【目標】
日常会話
ビジネス会話
7日間無料体験あり

パーソナルコーチプランを採用

TOEICスコアアップに特化している
【対象】
学生/社会人

【料金】
4,834円~

【目標】
TOEICに特化
マンツーマンのオンライン授業

SKYPEではなく独自の通信システムを使用

コストパフォーマンスが非常に良い

最大1カ月間なんと無料
【対象】
学生

【時間】
毎日25分

【料金】
月額5,000円~

【目標】
英検
日常会話
ネイティブと日本人講師の構成

9:00~21:00の中から自由予約制

市ヶ谷駅から徒歩2分

試験対策に特化しているので点数を伸ばしやすい
【対象】
学生/社会人

【時間】
1回55分

【目標】
TOEIC高得点
TOEFL高得点

この記事へのコメント